【植物と私③】植物のスピリットと繋がるプラントメディスン

SPIRITUAL
SPIRITUAL

こんにちは、micaです。

アロマテラピー、フラワーエッセンス、ハーブ、ガーデニング、家庭菜園、そしてプラントメディスンetc,.

植物とはさまざまな形態と次元で深く関わってきました。

私のスピリチュアルジャーニー(本質に戻る旅)が始まった時からいつもそばにいてくれる植物たち。

癒し励まし、時には先生となり、そして豊かさを無償の愛で提供してくれる植物たち。

そんな植物のさまざまな次元で魅せてくれる特性、そして密接な関係を築いてきた私のちょっとした半生ともに…

「私と植物」

最終回はプラントメディスンを通して植物のスピリットと繋がるお話です。

プラントメディスンに興味ある方はぜひ読んでみてくださいね。

▪︎まだの方はこちらからどうぞ。
辛い時期とともにやってきたアロマテラピー①

【植物と私】私のスピリチュアルジャーニー
こんにちは、micaです。アロマテラピー、フラワーエッセンス、ハーブ、ガーデニング、家庭菜園、そしてプラントメディスンetc,.植物とはさまざまな形態と次元で深く関わってきました。私のスピリチュアルジャーニー(本質に戻る旅)が始まった時からいつもそばにいてくれている植物たちのさまざまな次元で魅せてくれる特性、そして密接な関係を築いてきた私のちょっとした半生ともに…今日は「植物と私」についてお話ししたいと思います。

▪︎グラウンディングさせてくれたガーデニング②

【植物と私②】グラウンディングさせてくれたガーデニング
こんにちは、micaです。アロマテラピー、フラワーエッセンス、ハーブ、ガーデニング、家庭菜園、そしてプラントメディスンetc,.植物とはさまざまな形態と次元で深く関わってきました。今は、造園業の仕事としても植物からの恩恵を受けています。第2回目はスピリチュアルにどっぷりハマって宙に浮いていた私をグラウンディングさせてくれたガーデニング、仕事として植物と繋がるお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

植物と私③

スピリチュアルジャーニーの再開

10年ぐらいスピリチュアルなことに興味を失っていた時期も(その間は深く韓国にハマっていました♡)、自分が自分の人生を創っているいう原理をもとに生きていたと思います。

そしてコロナ禍になり葉山移住を決意しました。

これはもう直感でした。前から思っていたわけではなく思いつきでした。

コロナ禍で全世界が恐怖に覆われるような前代未聞な危機的な状況になると、私の中でなぜか力が湧き出てきました。

魂からのコーリングでした。

ここで潜在的に自分の使命をかすかに思い出すかのような、何か目覚めが起きたのだと思います。

そして東京から葉山へ引っ越し、自然の中で過ごす時間が増えると、宇宙意識の拡大が起こり、再びパコーンと開きました。

スピリチュアルジャーニーがまた自動的に再開されたのです。

 

植物のスピリットと繋がるプラントメディスン

葉山に移住して自然と繋がり、スピリチュアルジャーニーが再開されてからは浄化の嵐な2年間になりました。

自分の中の重い波動的な信念やトラウマなどをクリーニングをせざる負えないような促されている状況でした。

そして自然と繋がり地球と繋がりなおす旅の中で、もっと深い領域で植物とコンタクトを取れるようになっていきました。

それがプラントメディスンとの出会いです。

パロサントに誘われる

最初に植物のスピリットと交流したのはパロサントという香木との出会いです。

「聖なる木」と言われる南米に自生する希少性の高い樹木で、先住民族のシャーマンが儀式に使用する神聖な木です。

パロサントは香りがすばらしく、空間の浄化作用があり、最近はセレクトショップなどでも手に取ることができます。

私はこのパロサントを枕の下に置いて寝ると、たくさんの艶かしい浄化夢を見ます。

嫌な癖や感情と向き合っているとしたら、パロサントが潜在意識からその原因を見させてくれて、徹底的に浄化を促してくれるという感じです。

正確にはパロサントが私のハイアーとの繋がりを強固にしてくれて浄化やメッセージをもたらしてくれるのです。

植物のスピリットを鮮明に感じたのは、今までにない経験でした。

 

カカオでハートを開く

夢がどんどんメッセージ性を含むようになって行きました。

そしてある日、カカオセレモニーに参加する夢を見ました。

それからしばらく経って現実的にカカオセレモニーに参加したのですが、カカオがこんなにもハートに作用するなんて知りませんでした。

それまではただのチョコレートでしょってww

カカオのスピリットが私のハートをやさしく開いてくれて、カカオセレモニーでも浄化が促進されたのです。

▪︎カカオセレモニーに参加した時の感想

【カカオセレモニー】プラントメディスンを体験して
こんにちは、micaです。先日カカオセレモニーというSacred Circle(神聖なサークル)に参加させていただきました。この儀式の中でCacao(カカオ)以外にもRape(ハペ)、Sananga(サナンガ)という南米のシャーマンによるプラントメディスンをサーブしてもらいました。この体験が今後の私の人生を変えてしまうかも?と思うほど強烈だったので、今日はその体験談と感想を綴っていきたいと思います。

 

ハぺ、ラペのスピリット繋がる

そのカカオセレモニーで初めてハペ(ラペ)を体験しました。

ハペは南米の先住民族のシャーマンが調合した嗅ぎタバコです。

それまでも自然と繋がって、その愛に触れ、涙が出て来るという体験をしていましたが、ハペを通すとその一体感が色濃く鮮明になり、そして植物の性格をスピリットとしてしっかり感じ取ることができるようになりました。

「私はあなたですよ」

ハペを通してよく植物から受け取るメッセージです。

地球との繋がりを強固してくれるだけでなく、トラウマを癒してくれたり、自分が何者かを思い出せてくれたり、直接身体に働きかけて花粉症の症状まで緩和してくれたりします。

アロマやフラワーエッセンスを通して植物にはそれぞれ効能や性格があるのは分かっていましたが、植物がここまでしっかりとした人格?があるとはそれまで思っていなかったので、ハペを通して植物もみんな生きていると感じるようになり、人間と共存してくれて無償の愛で食べ物として、そしてこういったメディスンとして提供してくれることに、植物への深い感謝が沸き起こるようになりました。

植物は私である

さまざまな次元で植物と深く関わっている私が植物から受け取ったメッセージは「植物は私である」です。

私たちが忘れてしまった力を、植物が自らの特性を差し出して、思い出せてくれているのです。

「人間も私たち植物のように地球と深く繋がり、母なる地球の絶対的な愛の中で生きていこう。自然に還ろう。」

私たちが究極的に目指すのは自然の状態(ありのまま)に戻ることです。

それには不安や恐れを手放こと。

そして地球と繋がることがとても大切になります。

『植物と私』私のスピリチャルジャーニー3部作はこれで終了ですが、私の植物、自然、地球との繋がりを通して本質にもどる旅(愛への帰還)は続きます。

これ読んでいるみなさんも、自分の好きな方法でいいので、ぜひ植物を生活の中に取り入れて植物と繋がってみてください。彼らのやさしい声が聴こえてくると思いますよ。

そして母なる地球からの絶対的な愛を感じることができるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます♡

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました