東京から葉山に移住して感じたデメリット〜3ヶ月経った編〜

HAYAMA
HAYAMALIFESTYLE

こんにちは、micaです。

前回は葉山に移住して感じたメリットをお伝えしました。

今回は、葉山に移住してみて感じたデメリット〜3ヶ月経った編〜です。

葉山に移住してみて私が感じたメリットの記事はこちら。

東京から葉山に移住して感じたメリット〜3ヶ月経った編〜
東京から葉山に引っ越してきて3ヶ月が経ちました。葉山に移住して思うメリット3ヶ月経った編です。逗子駅からの通勤電車で座れるのか?など、住んでみて(賃貸)の率直な感想を綴っています。
スポンサーリンク

葉山移住デメリット

朝が早い、通勤時間が長い

慣れてしまえばどうってことはないかもしれませんが、5時前に起きているので、低血圧の私は激ねむでつらいです。

電車に乗っている時間は1時間ぐらいなのですが、その間に寝たり、本読んだり、ブログ書いたり色々できるし、車窓からの眺めに癒されたりしているので(帰路限定)、通勤時間が長いことは今のところデメリットと感じていません。

ただ私は、毎日仕事しているわけではないので、たまの通勤も楽しめているのかもしれません。

それと仕事上、朝が早い分早く終わるので超ラッシュ時間とずれているのでストレスをさほど感じないのかもしれませんね。

毎日となると大変に感じるかもしれませんが、たぶん慣れちゃいます。

スポンサーリンク

渋滞しやすい

これはけっこうきついかもしれません。

家探しをしていた頃から不動産屋さんにも言われていましたが、特に土日となると渋滞だらけになるので、この辺の住民は午後からは車は出さないとかなんとか…。

山側に住んでいる人はあまり関係ないかもしれませんが、私は海側に住んでいるので、海岸通りをよく利用するのですが、この道がよく渋滞しています。

  • 平日のオフシーズンは全く問題ないです。
  • 平日の観光シーズンは海岸通りは混むけど、時間帯によります。
  • 土日のオフシーズンは海岸通りは念のため通らないようにして山側の道を利用します。
  • 土日の観光シーズンは海岸通りは動かなくなります。そして山側の道も渋滞します。
  • 天気が良い日は渋滞の確率高いです。

時間帯によっては大丈夫なのですが、祝日の夏休みの夕方の時間帯に海岸通りのバスに乗って駅に向かったら、海に遊びにきた観光客で隙間がないぐらいの満員状態でした。

道も全く動かなくて、息苦しくて途中で下車して逗子葉山駅まで歩いたことがあります。1.5キロぐらいの距離でしたが、バスより少しだけ早く着きました。

ただ山側の道やバスも使える場所に住んでいるので、移住を後悔するほどのデメリットにはなっていないです。ただ緊急事態宣言が出ていてのあの渋滞だったので、通常時のオンシーズンは考えただけでちょっと怖いです。

海岸通りのルートしかない場所に移住する場合は、渋滞は覚悟した方が良いかと思います。

道が狭いけど車必須

運転に自信がある人はまったく関係ないかもしれませんが、どんな細い道も対面通行なので、運転技術はけっこう必要かもしれません。

私はペーパーで練習中なので前方から車が来ないことを祈りながら運転しています(笑泣)

あと車はやっぱり必須な地域かと思います。

近所にスーパーあるしバス停もすぐ近くにあるので、車がなくても問題ないのですが、例えば、ホームセンターやニトリ、ユニクロなどでお買い物をしたい場合は、逗子駅には駅ビルがないので、車があるとやっぱり便利ですね。

今はなんでもネットでお買い物できるし、場所によってはなくても問題ないけど、あったほうが確実に便利だと思います。

ゴミの分別が細かい

これは最終的には私にとってはかなりメリットな要素ですが、最初は戸惑うかと思います。

葉山町の住民になると、ゴミの分別の分厚い手引書が届きます(笑)

ゴミをできるだけ資源としてリサイクルすることは、今後の地球環境を考えるとどの地域も必須だし、いずれはどんな自治体もやることになると思うので、葉山町は先を行っているなぁって感じています。

メガバンクがない

神奈川県に引っ越してきて横浜銀行ばかりが目に着きます。

近所には横浜銀行のATMはあるのでが、メインバンクは逗子駅まで行かないとありません。

逗子駅にはみずほ、三井住友、三菱UFJが揃っています。

私は複数の銀行を使い分けているので、お金に移動が以前よりかなり面倒になりました。

スポンサーリンク

@和か菜 美味しいお蕎麦屋さんからの景色です。

和か菜 (安針塚/そば)
★★★☆☆3.47 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

自然の脅威

東京から移住してきた身としてはこれが一番のデメリットかと思っています。

なんせ東京にいたとき、津波の心配も、土砂災害の心配も、川も近所になかったので水害の心配もなかったのでどんなに大型な台風が来ても家にいれば安心でした。

葉山に引っ越してくる際は津波が心配でしたが、実際に住んでみると、何百年に1度起きるか起きないかの津波よりも、親近な恐怖は土砂災害だということに気付きました。

私が住んでる場所は土砂災害警戒区域にあります。

ハザードマップで避難場所のチェックをすると避難場所も土砂災害警戒地域に入っています(汗)

けっきょく葉山は山に囲まれていているので仕方ないのです。

梅雨の時期に何日も降り続いた線状降水帯の大雨にときは土砂災害警戒レベルが2まで上がったのでかなりパニクになりましたが、地元の人に避難した方がいいのか聞いたら、大丈夫だし、もしそういう事態になったら声をかけてくれると言ってくれたので本当に安心しました。

いつでも避難できるように避難用リュックを買って、一度避難所まで実際に歩いて確認作業もしました。

葉山は風も強く、東京では感じることがなかった自然の脅威を感じます。

自然が好きだからこそ、軽視せずにしっかり備えて自然と共に暮らしていきたいと思います。

虫が多い

わたしが住んでる場所は比較的虫少なめですが、山が近かったり茂みや空き地のそばなどは都会に比べたら出現率は高くなると思います。

涼しくなってきた今、夜になると網戸を通り抜けてくる小さな羽虫に悩まされています。

近所のドラッグストアには大型のホームセンターばりに殺虫剤が陳列されてるので、やはり虫は多いかと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

田舎に住むにあたって当たり前のことがばかりだと思いますが、なんせ都会っ子だったので、そんな私がちょっと不便だなぁって感じたリアルなデメリットのご紹介でした。

ただそれでも私にとってはメリットの方がデメリットよりも何十倍も上回っているので、移住してきて本当によかったなぁって思っています。

ただここの空気を吸っているだけでありがたくて、めっちゃ幸せを感じる毎日です。

 

葉山に限らず、地方や田舎移住にはメリット&デメリットの両方が必ずあると思います。

一度自分の中でメリット&デメリットを一覧表にしてみてから検討すると問題点が明確化し、クリアにする課題が見つかってより移住へと前進するのではないでしょうか。

やりたいと思ったことはやったほうがいいと思います。

参考になればうれしいです。

葉山移住を考えていて質問等ありましたら、よかったらコメントしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました