葉山に移住する夢を叶えた方法〜マインド篇〜

HAYAMA
HAYAMALIFESTYLE

前回の記事で書いた葉山に移住したことを書きましたが、『葉山移住』の夢を叶えた方法をもう少し深掘りしてみたいと思います。

前回の記事↓

海と山に囲まれた場所で暮らしたい③〜葉山へ移住〜
私が都内から三浦半島の葉山へ移住をするまでのお話です。どうやって物件を見つけたのか?葉山移住、郊外移住の夢を叶えるまでの経緯をつづります。
スポンサーリンク

物件を見つけるまでにやるべきこと

・毎日物件検索

・必須条件を5つぐらいまでに絞る

・気になる物件は即申し込み

・見つからない間も焦らず、でも移住に向けて準備する。

・ぴったりなタイミングで理想の物件が見つかることを信じて待つ。

この最後の

ぴったりなタイミングで理想の物件が見つかることを信じて待つ

が最重要ポイントです。

最初の3つは物理的な方法ですね。

行動していくことで夢に近づいていくのですが、心が不安や焦りでいっぱいだったとしたら、いくらこの3点を実行してもなかなか夢は実現しないかもしれません。

夢を叶えるための最重要ポイント

これは葉山移住に関することだけでなくすべてにあてはまるのですが、夢を叶えるための方法として最重要なのはコントロール、執着、焦りや不安を手放すことです。

コントロールを手放して執着、焦りや不安を手放して、それがベストなタイミングでやってくることを信じていれば、その夢は必ずやってくると私は信じてます。

コントロールを手放す

私は移住を決意して早々にステキな物件が見つかり、とんとん拍子に申し込みをしたのですが、第2申し込み者で契約が出来なかったのがショックでした。この時すごく落ち込んで、早く夢を実現したい焦りの気持ちでいっぱいでした。

そうすると不思議と条件に合う物件がぱったり見つからなくなりました。

そして不思議なことに移住への執着や焦りがなくなった頃に、物件が見つかって夢が叶いました。

葉山移住の夢はあきらめてなかったけど、いつまでに移住したいという期限もなかったし、当時の東京での生活にも満足したのも良かったのかもしれません。物件が見つかったのは、そんな時でした。

コントロールを手放しておまかせ状態でした。

流れに身を委ねていればベストなタイミングで流れ着きます。

執着を手放す

最終的にはその夢さえも忘れられたら最高ですね(笑)

欲しいと思えば思うほど、『ない』が現実化されるのが原理です。

不思議と執着を手放すとあちらからやってきます。

焦りを手放す

焦ってる時の身体の感覚って不快ですよね。

わたしはあの感覚がすごく嫌いです。

焦りを感じてる時はだいたい未来にいます。

焦っていいことはまずないので、とにかく深呼吸して『今』に集中する。

自分の直感ややりたいという感情を信じて、リラックスすることを心がけましょう。

不安を手放す

わたしは移住することに不安を感じているうちはなかなか実現しませんでした。

取り除ける不安は現実的な方法を考えてひとつずつクリアにするのがベストです。

たとえば、仕事のことや通勤のこと、子供の学校や経済的な不安など。

早いうちにクリアにしておくことで心の準備が整い、移住がよりはやく実現する可能性があります。

得体の知れない不安に関しては、しっかり向き合って、認めて、感じ切ることが大切です。

スポンサーリンク

感情を手放す方法

感情を手放すと言ってもどうやって?

やり方は、シンプルにその感情を感じきることです。

焦りが出てきたら、深呼吸しながらひたすら焦りの感情を感じます。

その感情をがあることを自分に許可します。

ダメなものとしないのがポイントです。

感じ切れば自然に消えていきます。

気を紛らしたり、ポジティブシンキングに切り替えとようとすることが多いと思いますが、感じきらなかった感情は必ず戻ってきます!

私も嫌な感情はなかったことにしたり、よく先延ばししちゃうことがあるのですが、早いうちにとっとと向き合うのがベストです。

スポーツ選手もメンタルトレーニングやマインドセットなど心の状態を整えることで、勝利を手にしています。

コントロールを手放して執着、焦りや不安を手放して、それがベストなタイミングでやってくることを信じていれば、その夢にたどり着きます。

葉山移住のためにわたしがマインドの観点から心がけたポイントでした。

ちょっと壮大な内容になってしまいましたが(笑)、

何か実現したいことがある方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考になればうれしいです😊

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました