東京から葉山に移住して感じたメリット7つ〜1年経った編〜

HAYAMA
HAYAMALIFESTYLE

こんにちは、micaです。

『葉山に移住するとどんな生活になるんだろう?』
リアルに何がよくて、逆に困ったことなど気になりますよね?

東京から葉山に移住して1年が経ち、ようやく生活パターンも落ち着いてきました。

以前東京から葉山に移住して感じたメリットを3ヶ月目で書きました。

今日は、1年住んでみてのリアルに移住してよかったメリットや個人的な感想を書いていきたいと思います。

3ヶ月編と重なる部分もあるかと思いますが、葉山だけでなく都心から郊外、田舎移住を考えている方へのヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

葉山に移住してよかったメリット7

私の移住は、賃貸物件で仕事も変えていないので、リスクはそんなになかったのですが、成人してからは東京しか知らなかったので、馴染みのない場所へ引っ越すことも、都内から出ることもそれなりに怖かったです。

ただ葉山移住がしっくり来なければ、また東京に戻ればいいという気軽な気持ちでいるように意識しました。(願望実現は軽い波動でいることがポイント)

それに、東京の最先端のスポットに行っても若い頃のようにときめかなくなり…正直、人混みなどのネガティブな側面の方が気になって、もう都会はいいや〜って気分満載でした。

それよりハワイやバリで感じるあの密度の濃い空気、心地よい風、自然と一体になる感覚が恋しくて。

なので、自然を感じられる場所で、日常的に自然と触れていたいという気持ちが勝って、葉山移住へと行動を移しました。

葉山移住の経緯は詳しく過去ログに書いているのでよかった読んでみてくださいね。

海と山に囲まれた場所で暮らしたい
今、私がやりたいことは「海と山に囲まれた場所で暮らす」ことです。コロナ禍で生活様式が変わり、郊外や田舎へ移住する人が増えていますが、私も東京から郊外への移住を考えているひとりです。その道のりを綴っていこうと思います。
海と山に囲まれた場所で暮らしたい②〜経過〜
葉山移住までの道のり。都内から葉山へ移住しました。どのように葉山へ移住したのか?その経過を綴っています。郊外移住、ナチュラルライフを送りたい方必見です。
海と山に囲まれた場所で暮らしたい③〜葉山へ移住〜
私が都内から三浦半島の葉山へ移住をするまでのお話です。どうやって物件を見つけたのか?葉山移住、郊外移住の夢を叶えるまでの経緯をつづります。

夏が涼しい

つくづく感じる葉山移住のメリットは、夏は涼しい!

仕事で東京と行き来しているので、葉山が涼しいのを身をもって実感しています。

そして都内のヒートアイランド現象の異常さも。

特に今年は関東全域が7月になる前から猛暑が襲い、東京も連日35度以上を観測しました。

そんな中、葉山は気温が上がっても31度ぐらい。

日差しはジリジリ暑いけど、風が冷たくて気持ちいいんです。

夜は温度が下がるので冷房がなくても窓を開けて扇風機があれば過ごせました。

私は、都内で造園の仕事をしているので、とにかくこの東京の猛暑にやられて7月入ったばかりなのに熱中症気味でバテバテです。

暑ければ海に入って体を冷やせるし、夏に弱い私は葉山に引っ越して本当によかったと思っています。

世界中を襲う異常気象をみていると、葉山に限らず田舎移住を検討するのは賢明かもしれません。

スポンサーリンク

冬は暖かい

夏は涼しいし、冬は都内より2、3℃気温が高くなるので暖かいんです。

海に行けばコートがいらないぐらいポカポカになります。(太陽が出ている日に限りますが)

寒さが苦手だったり冷え性の方は移住をおすすめします(笑)

自然のことなので、気温はその時々で変化しますし、都内の方が暖かい日ももちろんあります。

ただ東京と葉山を行き来していて、仕事柄毎日天気予報を見ているので、葉山の方が夏も冬も過ごしやすいのを体感しています。

東京は遠くない

「東京まで通勤できるのだろうか?」

移住する前は30〜40分通勤だったので、それが一番の不安でした。

慣れてくると遠く感じなくなる不思議さ。

私は仕事が8時や8時半からなので、朝起きるのが5時と早いのがネックですが、起きされすれば、あとは電車で1時間しっかり寝るのみです(笑)

逗子駅はよっぽどのことがない限り確実に座れるので、これはほんとうにありがたい!

職場までドアtoドアで2時間なのですが、朝眠いの以外はあっという間に着いちゃうので一番の不安が解消されたのがよかったです。

ただ私は毎日通勤していないので、無責任に大丈夫とは言えません。

通えるかどうか気になる方は、一度葉山でホテルなど借りて通勤体験をしてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

おしゃれなお店が多い

実は引っ越してくる前に葉山を訪れたことがあるのは5回ぐらいです。

10年以上前にフラの練習で一式海岸を訪れたのが最初です。

それから一式海岸に泳ぎに来たことがあり、逗子海岸にも遊びに行ったことがあります。

この3回で葉山逗子の印象がすごくよかったんですよね。

それから移住する一年前に1泊2日で遊びに来ました。

このときコロナ禍真っ只中で海外にも行けずに海のある場所に移住することをチラッと考えていました。

FUNNY HOUSEという貸別荘に泊まったのですが、大雨だったにもかかわらず海近での生活に心がときめきました。

>FUNNY BEACH OFFICIAL

それから移住を検討して現地調査のために一度訪れています。

なので、移住する前に訪れたのは5回ほど。

正直言って葉山のことほとんど知らずに引っ越しています。

なので、素敵なお店はあるなぁって印象はあったのですが、ここまでおしゃれなお店や美味しいお店がたくさんあるなんて知りませんでした。

正直言って東京に行かなくてもおしゃれなカフェや美味しいお店もヘルシーなお店もたくさんあるので、近所にお出かけするのも車出して三浦半島や横須賀、鎌倉の方に遊びにいくのも楽しくてしかたありません♪

スポンサーリンク

コミュニティが充実している

引っ越してきて1年経ってようやく少ーしずつですが、知り合いが増えています。

そうすると、同じような価値観の人が集まるコミュニティーが多いことに気づきました。

私は、「安定」よりも「自由」なライフスタイルを求めるタイプなので、そんな人たちがたくさんいるのでおもしろいです。

特に移住系の人たちはそもそも自然が好きでスローな生活をしたくて移住してくる人たちが多いので、同じような価値観の人に簡単に出会えると思います。

何もしなくても幸せ

葉山移住最大のメリットは『何もしなくても幸せ』もうこれにつきますね。

一日中家にいても出かけなくても、幸せです。

家に入ってくる風を感じるだけで幸せなんです。

夕日を海に見にいくだけで1日が満たされます。

東京にいた時は出かければ人混みで嫌な思いをして性格が悪くなっていたので(笑)

朝は5時ぐらいにハト→カラスに起こされますが(ここまでは東京と一緒(笑))、最後はウグイスの起きて〜という鳴き声で目覚めます。

窓を閉めるぐらい大音量です(笑)

とてもシンプルなことに喜びを感じ、毎日が満たされる生活になりました。

(テレビやめたのも大きい!)

葉山に生活している分には、娯楽は必要ないですね。

物件探しはコツコツ毎日がコツ

ここまで読んだら移住を検討している人は、葉山に早く移住したくなると思いますが、デメリットもちゃんとありますので、次回の「デメリット編」も読んでくださいね(笑)

海や山などの自然が好きで、自由な価値観をもった人だったら多少なれるまで不便を感じたりするかもしれませんが、移住して後悔することはないんじゃないかな?

その前に!

物件なかなか見つからないですよね?

私はSUUMO(スーモ)で毎日コツコツ検索していました。

新しい物件が出たら通知がくる設定にすることをお勧めします。

あとは葉山にはたくさんの不動産屋さんがありますので、直接出向いて探すのもいいかもしれません。

もともと賃貸物件が少ない上に、葉山に移住するとなかなか退去しないので、賃貸物件があまりないと不動産屋さんが言っていました。

それでも、私はこちらの人にも羨ましがられるぐらい最高の立地で物件を見つけることができました。

マインドセットもとっても大切だと思うので、よかったらこの記事も読んでみてくださいね。

葉山に移住する夢を叶えた方法〜マインド篇〜
2021年に東京から葉山へ移住しました。葉山移住の夢を叶えた方法を書いています。(マインド篇)これは葉山移住に関することだけでなくすべてにあてはまるのですが、夢を叶えるための方法として最重要なのはコントロール、執着、焦りや不安を手放すことです。 

ぴったりのタイミングで物件は見つかりますから、焦らず忍耐強く探してみてくださいね。

【SUUMO】逗子市、三浦郡葉山町の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅のお部屋探し物件情報
【SUUMO(スーモ)賃貸】逗子市、三浦郡葉山町でアパート・賃貸マンションを借りるならリクルートの賃貸情報サイトSUUMO(スーモ)にお任せください。全国の賃貸住宅・貸家の物件情報からさまざまな条件を指定して検索!豊富な賃貸物件情報からあな...

参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます♡

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました