【アセンション】2極化に伴う人間関係の変化

SPIRITUAL
SPIRITUAL

こんにちは、micaです。

最近人間関係の変化が加速しています。

今まではなんとなく話を合わせて保っていた人間関係などがうまく行かなくなり始める、あるいは合わせることが辛くなってきて誤魔化しが自分の中で効かなくなる。

無理して一緒にいようとその人間関係に執着しなくなる。

人間関係も流れに身を委ねようという気持ちになる。
これはいよいよ地球のアセンションに伴う2極化が目に見える形で現実化し始めてるんだなって実感しています。

これから古い地球と新しい地球の住人に分かれていきます。

今日は2極化に伴う人間関係の変化について実際に私が感じることを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

2極化に伴う人間関係の変化

最近の人間関係の変化①

最近人間関係が劇的に変化したと思ったのは、長く仕事として関わっている人との関係です。

Aさんはよくいえばマイペース。悪くいうとかなりの自己中で気分によって法律が変わるような人なんです。

先輩でも後輩でもなく対等な立場なはずなのですが、その時々の気分で仕事の内容や私の態度に不満を露わにして怒りをぶつけてくることがあります。

そんなAさんの傍若無人な振る舞いに、周りは引いていき、どんどんAさんの周りからは人がいなくなっていきます。

最初の頃は私も反論したり口論していたのですが、今は関係修復や調和を諦めて、なるべく関わらないようにしています。

それでも突然怒ってきたりするので、Aさんの顔を見るのも嫌になっていきました。

「なぜ私はこんな人と関わり続けないといけないのだろうか?」

もう10年ぐらいAさんと仕事をしています。

人間関係が変化していくのが常の中で、Aさんは私の前からいなくならないので、私が仕事をやめるしかないなって思っていました。

その前に私は、Aさんの中に見る「許していない自分」と徹底的に向き合って統合することにしました。

そうすると「非常識な自分を許さない、自己中な自分を許さない、社会人とはこうあるべき」などなど、自分を制限する要素が万歳でした。

そして遂に最近、Aさんが私から去っていく夢をみました。「私はAさんとのレッスンは終わった」って瞬時に思いました。

そして本当にその夢を見てからAさんの私への態度が明らかに変化したを感じました!

時差はあったけど、私への興味や執着がなくなったように明らかに私への態度が軽くなりました。

接点がなくなり住む世界が変わったなって感じです。

昨年は仕事を辞めることも考えたのですが、早まらずによかったって思います。

スポンサーリンク

最近の人間関係の変化②

友人や親族との人間関係にも変化が訪れています。

今までなんとなく合わせることができたのに、最近は出来なくなりました。

根底にある価値観が2極化している今、そこが合わないと決定的に一緒にいるのが辛く感じてくるようになりました。

でも大切な友達だしと執着していたのですが、最近はようやく吹っ切れて、「無理に会うのはやめよう」、「流れに身を任せよう」と思えるようになりました。

仲の良い友達とこうやって住む世界が分かれていくのは寂しいですが、その感情もしっかり味わって統合していくしかありません。

そして大切な気持ちは以前と変わりません。

それは家族との関係でも一緒ですね。

感情の大浄化をしつつ、お互いの選んだ道を尊重していきたいと思います。

古い地球と新しい地球の住人

風の時代に移り変わってから地球が2極化するという話は有名ですが、あれから3年が経ち、いよいよ古い地球と新しい地球と2つに分かれ始めているのを肌で感じます。

私は新しい地球の姿をヴィジョンで見ているのすが、今の古い地球との差異がありすぎて、このまますんなりとその姿になるとは到底思えず…。

人間の集合意識はまだまだ重く、あと何千年かかるんだろう?って感じです。

なので2極化して同じ地球上で棲み分けが始めるというはしっくりきますね。

古い地球の住人はますます恐れや不安が強くなっているし、新しい地球の住人は希望や愛が強くなっています。(新しい地球の住人も過程で恐れや不安が強くなることはありますが、最終目的地が違う。)

同じ地球を共用していくのか、次元が違う地球で完全に分かれるのか?

私はアセンションの条件が揃った人たちはゲームのランクアップする時みたいに場の設定が突然変わるのかな?なんて想像しますが、どうなんでしょうか。

アセンションが完全に完了するまであと15年ぐらいと言います。

あと2〜3年のうちにますます激しく変化していくんだろうなって思います。

スポンサーリンク

アセンションという道

私はこの地球がアセンションする時代に焦点をあてて生まれてきました。

アセンションする地球に光のポータルを増やして、高次元のエネルギーを地球へ降ろし、次元上昇の手助けをしたいという使命があります。

そんな使命を思い出した私ですが、当たり前ですが、私にも個人的なカルマの精算や成長のためのレッスンがたくさんあります。

なので、ちっちゃなことでクヨクヨしている私が個人的にはアセンションできるのか不明です(汗)

アセンションする人類はかなり少ないと聞くし、どこかでカルマを51%精算しているのが条件という話も聞きました。(真意不明)

アセンションにこだわる必要も全然ないし、むしろそんなことは忘れ去った方が生きる上で賢明だと思いますが、気になって仕方ない私はそれを挑戦しにきた魂のひとりなのだと思います。

一方で大切な人との別れがあるならば、別にアセンションしなくていいやと今の地点では思っていたりもします。

カルマの清算が進んで軽くなればなるほど、過去生からの因縁やカルマの精算のために引き合う人間関係は減り、魂が純粋に惹かれ合う出会いがメインになっていきます。

そう思うと次元上昇に伴い炙り出されていく重い周波数に飲み込まれていくのはなく、癒し統合して外していく価値はありますよね。

最中はかなりしんどく闇におちたように感じることがあると思いますが、光輝く未来が見えているからこそ、安心して委ねていくことができます。

同じ道を進んでいるように見えていた人たちとの別れもあるかもしれません。

頂上への道はひとつじゃないし、別れたと思っていたらゴールで再会なんてもこともあるかもしれませんね。

ただそこまでのアセンション山?を登る過程は孤独なのだと思います。

孤独で辛いジャーニーではありますが、魂はますます輝き愛を放射し、本質を生きる喜びに満ち溢れていくのだと私は感じています。

最後まで読んでいただきありがとうございます♡

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました